ギャンブラーならではの身体の痛みを緩和するストレッチ3つ

オンラインギャンブラーは、週平均4時間30分ものあいだ、スマートフォン、デスクトップPC、タブレットでギャンブルゲームに興じていると推定されています。ゲームの種類によっては、悪い姿勢による肩や首、背中への負担、親指、手、前腕の炎症が起き、違和感が感じられる腱鞘炎などの手や手首の筋肉の緊張、手首の神経が圧迫される手根管症候群などが生じる可能性が高くなります。ノリノリのときにプレイを中断するのは難しいかもしれませんが、ヨガスタジオTaoyogaでは、すべてのゲーマーさんに1時間ごとに休憩を取るようにアドバイスしています。

できれば、2時間ごとにストレッチをしたり、身体を動かしたりすることも推奨しています。怪我や負担を避けるべく、ゲーマーさんが休憩時に簡単にできるヨガのポーズをいくつか紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

リバース・プレイヤー

リバース・プレイヤー・ホールドは、手首のストレッチと強化のために、リバGヨガが推奨している5つのポーズのうちの1種です。まずは、両手首を曲げ、両手の甲側を胸の高さで合わせます。その後、最大1分間、両手を強く押し合います。手根管症候群は、逆さ祈りによって診断されます。手首の内側に沿って痛みや違和感がある場合は、ただちにストレッチを中止してください。特に、手首の不快感がひどい場合や異常が生じた場合は、医師の診断を受けるようにしましょう。

ダウンドッグ

背中の不快感、首、腕、脚の硬い緊張、背中の筋肉や脊椎への大きな負担はすべて、長時間座っていることで生じる可能性があるため、ほぼすべてのギャンブラーが悩んでいる症状です。某ヨガ雑誌によると、ダウンドッグのポーズは、手足を使って背骨を完全かつ均一に伸ばす姿勢をとるので、身体のアンバランスを観察し、元の適切な状態に直すのに最適だといわれています。基本的なやり方としては、腕を上に上げることと、脚を身体に対して正しい角度で伸ばすことです。

これらの動作を組み合わせて、重力に逆らって逆さまの状態を維持しようとすると、難易度が上がります。ゲーマーあるいはギャンブラーの方は、毎日ダウンドッグを1回あるいは2回程度行うようにしてみましょう。

戦士のポーズ

ギャンブル疲れやギャンブル燃え尽き症候群は、ギャンブルの深刻な潜在的危険であり、肉体的および精神的ストレスの多さと休息不足に関連するものです。ギャンブル疲れは、精神的な疲れを残すだけでなく、頭痛や無気力、倦怠感などの肉体的な問題を引き起こす可能性もあります。

プロを目指す約38%のギャンブラーの方には、モチベーションを維持できる限り、戦士のポーズ(ヴィラバドラアーサナ)が適しています。ヨガスタジオ「Harmony Yoga」によると、戦士のポーズI(3つのポーズのうちの1つ)は、全身を刺激しながら、注意力、バランス、安定性を高めてくれるそうです。腕、脚、肩、首を伸ばしながら、肩、腕、脚、足首、背中を強化していき、さらには優れた血液循環と呼吸を促進してくれます。

以上、いかがでしたか?この記事では、熱心なギャンブラーの方が身体の健康に気を配ることで、より多くのオンラインカジノゲームに従事できるようになることをお伝えしました。どなたかの役に立てれば幸いです。