アイキャヨガ

より効果的にトレーニングをする為には

トレーニングの3原理と5原則

トレーニング、ヨガ、全てにおいてより効果的に行うための原理と原則です。



【3つの原理】
トレーニングで体に与える影響の根本的な法則のことです。

1.過負荷(オーバーロード)の原理
日常生活以上の負荷がかからないと体力は向上していきませんという原理です。
日常的にトレーニングをしている方であれば、さらなる体力の向上を目指す場合はトレーニングの強度を徐々に上げていかなければなりません。


2.特異性の原理
トレーニングで刺激した機能(内容)にだけ効果が現れるという原理です。
カラダは行ったトレーニングに対してのみ効果が表れます。
つまり、上半身のトレーニングばっかりやっていても上半身は強くなるけど下半身は強くならないし、ランニングばかりしていても持久力はつくけど筋肉はつきません。
得意なトレーニングばかりしていると全体のバランスが崩れていってしまいます。


3.可逆性の原理
トレーニングで得られた効果は、トレーニングを辞めてしまうと少しづつ失われていく、という原則です。
急激に向上させた体力は失われていくのも早く、継続してトレーニングをして徐々に向上させた体力は、失われていくのも遅いのです。
適切な運動を続けることの大切さを表しています。




5つの原則
原理を基とした上でトレーニングをするときのルール・決まりです。

1.全面性の原則
「全身をバランスよく鍛えることが大事ですよ」という原則です。
有酸素運動、筋力トレーニング、柔軟性などの体力要素もバランスよく高めること。鍛える部分が偏ると、また偏った動きのスポーツでは、全身のバランスが崩れて怪我や痛みの原因になりやすくなるので注意が必要です。


2.個別性の原則
人によって体力レベルや体の特徴は全然違いますよね。
年齢や、性別や、過去の病気や怪我や、トレーニングの目的などを考慮して
「個人の特性や能力に合わせたトレーニングをしましょう」という原則です。
年齢、性別、体力、生活環境、習慣、性格、運動の嗜好など自分に合ったやり方がわかれば、効率的に体を鍛えることができ、継続意欲にもつながります。

アイキャヨガではグループレッスンにおいて、安全に効果的にレッスンを開催しておりますが、上記にも記載の通り、物足りなさを感じる方もいれば辛い方もいらっしゃると思います。
できる限り皆様のご要望にお答えできるよう少人数3名で行っておりますが、より効率的に効果を感じたい場合はパーソナルレッスンが断然お勧めです。



3.意識性の原則
トレーニングの目的や効果を理解したうえで、トレーニングを行うことにより、よりトレーニングの効果を上げることができますという原則です。
どこの筋肉を使っているのか意識するのとしないのとでは、効果が全く違います。
運動の内容、目的、意義をよく理解し、積極的に取り組みどこの部位を鍛えているのか意識しながら行うとトレーニング効果がアップします。


4.漸進性の原則
「コツコツ、焦らず少しずつレベルアップすることが大切」という原則です。
運動強度・時間・頻度・技など急に激しく、難しいものに挑戦するのは怪我など危険を伴います。少しずつ順を追って、段階的に育てる力は失われにくく、適切に体を鍛えることができます。


5.反復性の原則
トレーニングの効果はトレーニングを行ってすぐに得られるものではなく、継続していくことで初めて効果を得ることができるという原則です。
トレーニングをしたことがある方なら実感としてわかるかと思いますが、筋トレしてもすぐに筋肉はつきませんし、すぐには痩せませんよね。
何度も繰り返し継続することで、神経系も強化され「自分のもの」とすることができます。
「継続は力なり」です!!

CONTACT

ヨガと体幹トレーニングのアイキャヨガ
~ヨガと体幹トレーニングを融合した独自指導でカラダを変える!~

「ヨガ・運動初心者80%」のヨガスタジオ
開設6年 20,000人の指導実績!!

パーソナル指導あり マタニティーヨガあり キッズヨガあり 親子・夫婦で可能 


 

アイキャヨガは、11人の身体の状態を見ながら行っていくため、
マンツーマンのパーソナルレッスンと、最大3名の少人数制のグループレッスンで開催しています。

初めは初心者でお越しいただく方が80%、

30代~80代の方までと比較的年齢層の高い方がご利用いただいております。

何から始めたら良いか分からずヨガを選択される方が多いかと思いますが、まずは基本的な身体の使い方を理解するために11人の癖から見直し丁寧にお伝えしていきます。
ヨガといえばポーズをとる事を連想されるかと思いますが、当サロンではポーズをとる事に重要視しておらず、より体がラクに、動きやすくなるような使い方を目指します。

ヨガはポーズをとることだけが目的ではありません。

どなたにでも出来る、解剖学に基づいた機能的な使い方をお伝えしております。

簡単なのに結果が出る、是非他では中々受ける事の出来ないメソッドをご体験ください。


より効果を出す為には?


 

PAGE TOP